初心者webデザイナー・コーダーのための備忘録|Tech Stock 【テックストック】

Windows10でMacのApple純正キーボードを使う方法【キーボードカスタマイズ】

> 超便利ツール

WindowsでmacのApple純正キーボードを使う方法

  1. 英数字キー、かなキーを有効にする
     Auto KeyBoard bridge
     ダウンロード→https://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se480698.html
  2. コマンドキー(⌘)にコントロールキーを割り当てる
     key swap for XP
     ダウンロード→https://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se228667.html
  3. ファンクションキーをカスタマイズする
     AutoHotkey
     ダウンロード→https://autohotkey.com/

1. 英数字キー、かなキーを有効にする

Auto KeyBoard bridge

ダウンロード→https://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se480698.html

リンク先のダウンロードページからAuto KeyBoard Bridgeをダウンロードします。

「akb013.zip」なるものがダウンロードされたと思います。

何とか総選挙をしているアイドルグループを連想させますね(笑)

さて、zipファイルをを解凍して、

[akb013] > [akb] > akbcf.exe

を起動します。

「英数」のボタンを押して、「アクション」の欄のキーの個所を[半角/全角]に設定して[OK]を押します。

これで準備完了。

akbcf.exeと同じ階層にあるakb.exeをダブルクリックするとプログラムが起動してかなキー、英数キーが有効になります。

PCを起動するたびにakb.exeを起動しなければならないので、PCを起動するたびにソフトを起動するように設定しましょう。

画面の左下のWindowsボタンで右クリックして「ファイル名を指定して実行」を押して、「shell:startup」と入力してみましょう。

すると、PC起動と同時に起動するソフトを登録することができます。

原本のソフトを右クリックしてショートカットを作成しましょう。

そのショートカットを、先ほど「shell:startup」で開いた場所に移動すると設定完了です。



2. コマンドキーにコントロールキーを割り当てる

key swap for XP
ダウンロード→https://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se228667.html

次にコマンドキー(⌘)をコントロールキー(Ctrl)に割り当ててみましょう。

リンク先からダウンロードして、「key swap.zip」を解答します。

[keyswap] > [keyswap] > keyswap.exeを起動します。

少し注意だが、keyswap.exeをダブルクリックすると「管理者としてこのプログラムを実行してください」というメッセージがでるので、右クリックをして「管理者として実行」をクリックして実行しましょう。

【キー名】に置き換えたいキーを入れます。

【変換キー名】に割り当てたいキーを入れます。



では、コマンドキー(⌘)にコントロールキー(Ctrl)を割り当ててみましょう。

デフォルトではコマンドキー(⌘)を押すとWindowsロゴキーを押したことになっているようす。

なので、keyswapでは下記のように設定します。

【キー名】:Windowsロゴキー

【変換キー名】:Ctrlキー




また、左右のコマンドキーが左右のWindowsキーになっているので、

【キー名】:左Windowsロゴキー 【変換キー名】:左Ctrlキー

【キー名】:右Windowsロゴキー 【変換キー名】:左Ctrlキー



に設定しておきましょう。

設定できたら、左上の「終了」を押して保存します。


こちらも例によって、PCを起動するたびにソフトを起動するのが面倒なので、起動と同時に起動しましょう。(笑)

画面の左下のWindowsボタンで右クリックして「ファイル名を指定して実行」を押して、「shell:startup」と入力してみましょう。

すると、PC起動と同時に起動するソフトを登録することができます。

原本のソフトを右クリックしてショートカットを作成しましょう。

そのショートカットを、先ほど「shell:startup」で開いた場所に移動すると設定完了です。




3. ファンクションキーをカスタマイズする

AutoHotkey
ダウンロード→https://autohotkey.com/

これはアドバンスな設定をする方は設定してみてください。


例によってリンク先からダウンロード、展開、セットアップを起動しましょう。

ただ、起動しても目に見えて、何かが起動するということはなく、画面右下の「v」の上下反転させたようなボタンを押すと、緑の「H」のマークが出ているはずです。

これでセットアップ成功です。

次にコードを書いて各キーをカスタマイズしていきます。

管理人はMacも使っていて、Macのキーボード操作と遜色ないようにwindowsをカスタマイズしたかった。

そのため、かなり苦戦はしたものの下記のようにカスタマイズした。

  • F1キーに「タスクビュー」
  • F2キーに「デスクトップを表示」
  • コマンド(⌘)+ オプション + F1 に「デスクトップを切り替える(左)」
  • コマンド(⌘)+ オプション + F2 に「デスクトップを切り替える(右)」
  • コマンド(⌘)+ ↑キー に「ページの最上部へ」
  • コマンド(⌘)+ ↑キー に「ページの最下部へ」



を割り当てました。

こちらを参考にしました。

(参考)

https://qiita.com/chr/items/47f50e36703d3bb20371

https://sites.google.com/site/autohotkeyjp/reference/Examples

http://www.hyodo-arch.com/vectorworks/tips/free_f-key.html

http://ahkwiki.net/Send





文法は、

「置き換える前キー」::Send,{「置き換えた後キー」}

のように書きます。

「置き換える前キー」の部分では

  • Windowsキーは「#」
  • Ctrlキーは「^」
  • Shiftキーは「+」
  • Altキーは「!」



のように記号を使ってプログラムを作っていきます。

「置き換えた後キー」の部分では、

  • 左側のWindowsキーを「LWIN」
  • タブキーを「tab」



のように記述する。

また、一つのキーに複数のキーを同時に押したときのアクションを割り当てる場合は、例えば、

Windowsキーを押し続けて → 「d」を押して → Windowsキーから手を離した

という風に記述する必要がある。

この場合は次のように記述する。

  • 左側のWindowsキーを押した:LWIN down
  • 「d」を押した:d
  • 左側のWindowsキーから手を離した:LWIN up





参考程度に、管理人がカスタマイズしたものを記しておこう。

コピペして使えばそのまま使えるはずなので役に立ててほしい。

F1キーに「タスクビュー」を割り当てる

F1::Send,{LWIN down} {tab} {LWIN up}



F2キーに「デスクトップを表示」を割り当てる

F2::Send,{LWIN down} {d} {LWIN up}



コマンド(⌘)+ オプション + F1 に「デスクトップを切り替える(左)」を割り当てる

!^F1::Send,{LWIN down} {Ctrl down} {Left} {Ctrl up} {LWIN up}



コマンド(⌘)+ オプション + F2 に「デスクトップを切り替える(右)」を割り当てる

!^F2::Send,{LWIN down} {Ctrl down} {Right} {Ctrl up} {LWIN up}



コマンド(⌘)+ ↑キー に「ページの最上部へ」

^up::Send,{Home}



コマンド(⌘)+ ↓キー に「ページの最下部へ」

^down::Send,{End}



以上。

これでWindowsでMacのApple純正キーボードを使うカスタマイズは完了です。


おまけ

そもそもAppleの純正キーボード選びにも悩んでいる方もいるかもしれませんね。

参考程度に管理人が選んだキーボードに近いものを記しておきます。

Apple Wireless Keyboard (US) MC184LL/B

中古価格
¥7,000から
(2018/11/7 10:52時点)




また、管理人は5ボタンマウスを使っています。

ブラウザでタブ移動とページを戻るために使っています。

参考程度にご覧ください。

エレコム ワイヤレスマウス BlueLED 2.4GHz 5ボタン Lサイズ シルバー M-XG2DBSV

新品価格
¥1,870から
(2018/7/6 19:10時点)

エレコム ワイヤレスマウス 静音 握りの極み Mサイズ 5ボタン レッド M-XGM10DBSRD

新品価格
¥2,704から
(2018/7/6 19:12時点)

エレコム ワイヤレスマウス Bluetooth 5ボタン BlueLED Sサイズ 握りの極み ブラック M-XGS10BBBK

新品価格
¥2,050から
(2018/7/6 19:12時点)

ちょこっと雑談

WindowsでMacのApple純正キーボードを使おうとした背景。。。

Macのヘビーユーザーである管理人は頭を抱えていた。
「ハイスペックのMac欲しいけど高すぎすぎるでしかし!!!!」
きよし師匠ばりに叫んだ管理人が欲していたMacのスペックは以下の通りだ。

  • Touch BarとTouch ID
  • 第7世代の3.5GHzデュアルコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.0GHz)
  • 16GB 2,133MHz LPDDR3メモリ
  • 256GB SSDストレージ
  • Intel Iris Plus Graphics 650
  • Thunderbolt 3ポート x 4
  • バックライトキーボード – 日本語(JIS)
  • アクセサリキット
  • 感圧タッチトラックパッド



このスペックで274,104円(税込)だ。

次に管理人が検討していたWindowsのスペックと値段が下記の通りだ。

  • Windows 10 Home 64ビット
  • インテル core i7-8700 (3.20GHz-4.60GHz/6コア/12MBキャッシュ)
  • 16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GB×2/2チャネル)
  • 320GB SSDストレージ
  • 1TB HDD
  • NVIDIA GeForce GTX1050 Ti 4GB
  • オウルテック 650W 静音電源(80PLUS PLATINUM/PT-650M)
  • マカフィー・リブセーフ 12ヵ月 製品版
  • office なし



このスペックで158,392円(税込)だ。

ノートにするかデスクトップにするかということも悩んでいましたが、それは置いておいて、、、

Macは高いけどキーボードショートカットとか慣れてる。。。

Windowsは安いけどキーボードショートカットが面倒くさい。。。

ここで管理人の脳裏に浮かんだのは
「WindowsをMac仕様にカスタマイズすればいんじゃね??」

この瞬間、管理人はMacを選ぶ代わりにWindowsを選ぶ人生を進むことを決めたのだった。。。




、、、という背景があって冒頭に述べたキーボードのカスタマイズツールを使ったというストーリーにつながるわけです。




関連記事

【超便利】iPhone テキスト読み上げ機能
いつも通りまずは結論から。 超便利なテキスト読み上げ機能 iPhoneでテキスト読み上げアプリか何かあるのかなと調べてみると、そもそもiPh
英語ページを翻訳する方法
1、chromeで翻訳したいサイトを開きます。 2、右クリックで「日本語に翻訳」をクリック。 これで英語のページを日本語に翻訳することができ
【初心者向け】サイト作成に必要なツール
駆け出しのwebデザイナー、webコーダーや、これからweb業界のエンジニアを目指す方にとっては、どのソフトが良くてどのツールが便利で、、、
【格安SIMはLINEモバイル一択】2年前に家族全員LINEモバイルに変えた時の話
私は格安SIMのLINEモバイルを使っていて、同僚や先輩も、LINEモバイルを使っている人はまだ見たことはありませんが、何かしらの格安SIM



“Windows10でMacのApple純正キーボードを使う方法【キーボードカスタマイズ】” への5件のフィードバック

  1. techstock@admin より:

    最後までご覧いただきありがとうございます。
    管理人です。

    当サイトのコメント欄ではこんなコメントをお待ちしております。

    ・こんな便利なツールがあった!
    ・wordpressでこんな風に記述すればこんなことができた!
    ・cssでこう書けばこんなレイアウトができた!
    ・jsでこう書けばこんな動きができた!

    などなど。
    webに限らず、政治経済やスポーツ、趣味の話題など幅広いコミュニケーションにご活用ください。
    おもしろく興味深い情報お待ちしております!

  2. Runrun より:

    最近、Apple Keyboardが接続されていません、と言われて動作しなくなりました。
    Windowsセキュリティアップのせいかなぁ。
    いかがでしょうか?

    • techstock@admin より:

      コメントありがとうございます!
      「Apple Keyboardが接続されていません」ですか。。

      まず考えられるのは、キーボードの電池切れでしょうか。
      または、Wi-Fiや他のBluetooth機器の電波の混線でつながりにくくなっている、というのも考えられるかもしれません。
      どういう対策ができるかはわかりませんが。。。
      あとは、[Windowsマーク] > [設定] > [デバイス] で接続済みのキーボードを一度切断(デバイスの削除)してもう一度ペアリングしなおす、という手も試してみてはいかがでしょうか。

      最後に、かなりアドバンスドな方法で、私もよくわからない難しそうな方法ですが、このような記事がありました。
      http://michi.hatenablog.jp/entry/2015/09/01/Windows%E3%81%A7Mac%E7%94%A8USB%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%86%E6%96%B9%E6%B3%95%E3%80%81%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%9F
      (ちなみに「Apple Keyboardが接続されていません Windows」で検索しました。)

      お力になれるかどうかわかりませんが、ご武運をお祈りします・・・!!

  3. たいげつ より:

    akbを起動しても、アップル純正キーボードが認識されない、また、このソフトに添付のテキストにはワイヤレスキーボード用と書いてある。この投稿はうそではないのか?

    • techstock@admin より:

      コメントありがとうございます!管理人です。
      確かにakbをダウンロードするページ(https://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se480698.html)に「Apple Wireless Keyboard 用ユーティリティ」と書いてありますね。
      有線の純正キーボードでは認識されないということかもしれませんね・・・(-_-;)
      無線のapple純正キーボードでは問題なく認識されたのですが、、、残念です。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です